Langbiang コーヒーをどこにでも持っていく

身近なものに惹かれる

K’Ho の農家を結びつけ、Langbiang コーヒーをどこにでも持っていくのは、ベトナムに多額の借金を負っている日本人男性です。 ベトナム在住10年以上の山岡清隆さん(43歳、愛称キヨ)です。 「この旅行から、キヨは13年後にベトナムにとどまることを選ぶとは思っていませんでした。さらに、彼がベトナム人の妻を持つとは思っていませんでした」と、キヨの妻であるチャン・ヴ・ミ・トリン(Tran Vu My Trinh)さん(33)は語った。

ランビアン山のふもとでは、今シーズン、コーヒーの収穫前処理が行われています。 Trinh さんと Kiyo さんは、2023 年に日本に輸出される予定の 5 トンの注文で忙しくしています。 老人と新生児。 「子供たちもとても上手で、親の言うとおりに邪魔されずにコーヒーを淹れます。K’Ho 姉妹は子供たちが大好きなので、豆を拾ったり、歌ったり、同時に仕事をしたりして子供たちを運んでいます…」 TT Lac DuongのK’Ho村の農場での生活。

キヨさんと娘さんが一緒にコーヒーを洗っている

2010年、日本人はバイクでベトナムを旅しました。 キヨにとって、この旅は、子供の頃から大好きだった国の文化と美しさを体験するという彼の夢を実現するのに役立ちました. しかし、旅行の後、キヨはベトナムの人々の親しみやすさと親しみやすさが好きだったので、日本のカフェを閉じてベトナムに行くことに決めました. それ以前は、コーヒーは情熱であり、日本の高校を卒業してから勉強したものでもありました。

計画を実行するために、キヨ氏はさらに 6 年の歳月をかけて事業を組織しました。 2016年、ホーチミン8区に「スペシャリティコーヒー」スタイルのカフェを正式オープン。 日本でコーヒーを作っていた頃、焙煎の経験があり、スペシャルティコーヒーの知識もありました。 「ここでコーヒーの可能性を見ていると自信が持てます。ベトナム人は毎朝一杯のコーヒーで目覚めます。味は異なりますが、それは良い出発点です」とKiyo氏は語った。

これまで、ベトナムのコーヒーは生の製品のみを輸出しており、ロブスタ種が大部分を占め、アラビカ種はほとんど輸出されていませんでした。 キヨさんがスペシャリティコーヒーショップを開いたとき、ベトナムではまだ誰も「スペシャリティコーヒー」を作っていませんでした。 多くの外国人の友人が店に来て、「ベトナムにはスペシャルティコーヒーはありますか?」と尋ねられたとき、彼はとても心配していました。

ベトナムのスペシャリティ コーヒーの夢: Langbiang コーヒーをどこにでも持っていく - 写真 2.

完熟コーヒーの糖度測定

2018年、キヨさんは友人の紹介でランビアンの農家を知りました。 ここでコーヒーを淹れているK’HoのPat Cill夫妻とTam Pat Lieng夫妻のカフェに行きました。 「幸いなことに、ここのコーヒーはベトナムの原料地域と比べて独自の特徴があり、コーヒーの味も美味しくて違い、スペシャルティ コーヒーを作ることができます」と Kiyo 氏は振り返ります。 ここに何度か来て準備を学び、キヨはインゲンの前処理をするためにランビアンに移動することにしました。 彼は自分でスペシャルティ コーヒー豆を作ることを目指しており、ランビアン コーヒーをより多くの人に広めることを目指しています。

握手してスペシャルティコーヒーを淹れる

キヨさんの農家では、主に100%完熟の生豆を前処理用に仕入れ、日本から注文に応じています。 現在、彼らはラングビアン山脈とズオン湖の農家から新鮮な果物を手に入れています。 「日本への道のりは、コーヒー豆の品質だけでなく、食品の安全性に関する基準も非常に厳しいため、非常に困難です。輸出を開始してまだ 2 年しか経っていません。それまでは主に専門のカフェ向けに販売していました。サイゴンとハノイで」とキヨ氏は語った。

ベトナムのスペシャリティ コーヒーの夢: Langbiang コーヒーをどこにでも持っていく - 写真 3.

キヨと妻のパット、タム夫人がカフェで

良いニュースは、キヨズ サイゴン コーヒーは 2016 年に主に外国産の特製豆を販売していましたが、2018 年末までにアラビカ豆とロブスタ豆の安定した供給源が国内にあったことです。 「Kiyo 氏は、Dak Lak、Son La、Cau Dat、Bao Loc からスペシャルティ コーヒーのソースを探すことに常に熱心でした。良いソースを見つけたとき、彼は流行に悩まされ、サイゴンの店を閉めなければならなかったと言いました。しかし、彼はあきらめずに、いつの日かベトナムのコーヒー豆がその本質的な価値を確認する日が来ると考え、Langbiang に行って生豆を購入し、加工することを決めました」と Trinh 氏は述べています。

コモディティ エリアでコーヒーを購入するのもかなり「酸っぱい」ものですが、ここの人々の習慣では、熟した果実が 50 ~ 60% ほどしか収穫されず、シーズンの終わりにトレーダーに売らなければなりません。農民への薬。 100 万ドンを借りると、月に 50,000 ドンを支払うことになるので、利息はさらにかかります。収穫が終わり、商人に支払うだけの十分なコーヒーを持っていない人が非常に多いのです。年」と彼女はタム・パット・リエンが共有したと語った。

一方、80~90%の熟成度を必要とするスペシャルティコーヒーの生産は難しい問題となっています。 しかし、それはまた、再投資するのに十分なお金を持たずに一年中コーヒーを作っていること、借金、低価格、トレーダーへの依存が原因でもあったため、M パット・チルと彼の妻は少しずつ親戚を説得しました. パット・チルとタムは、村からコーヒーを輸出する道を開いた珍しいコーホーのカップルです。

2022 年 10 月は、2022 年 10 月 12 日から 14 日まで東京ビッグサイト エキシビション センターで開催される SCAJ World 2022 (Specialty Coffee Conference and Exhibition) で初めてランビアン コーヒーを紹介したタム パット リエンにとって忘れられない日です。 タム夫人は「ラングビアンコーヒーで 300 キロもかかったけど、展示会ではみんな試して全部買ってくれました」と自慢げに語っていました。

ベトナムの特製コーヒーの夢: Langbiang コーヒーをどこにでも持っていく - 写真 4.

きよさん(長髪)とコーヒーを加工する農家さん

この幸せな日を迎えることは、キヨと、パット アンド タムズ ラングビアン コーヒー ビレッジ、キヨズ ラングビアン コーヒー プロジェクト、レーダー ファーム、フューチャー コーヒー ファームなどのスペシャリティ コーヒー生産者の偏見を昨年 10 年近く克服するプロセスです。

「5年前のベトナムでは、スペシャリティコーヒーの需要はそれほど広まっていませんでした。しかし、導入から5年が経ち、スペシャリティコーヒー市場は徐々に受け入れられてきました。最初は外国のスペシャリティからのコーヒー豆です。品質と処理の改善に重点を置いています」と Trinh 氏は比較します。 2022 年、パットとタムは最大 10 人の農家と協力してスペシャルティ コーヒーを作ります。 現在はより安定した物資調達を行うため、2世帯のみでの作業に減らしておりますが、収穫開始から収穫終了まで園全体の面積で協力し、少額の買取りは行っておりません.

「2023年から3年連続で日本への輸出契約を結んでいます。そのため、検査の品質に影響を与えないように、特に化学肥料の使用を管理することで、品質の均一性を確保するために協力することに注力する必要があります.私たちの目標.毎年安定した商品供給がある場合、台湾、オーストラリア、またはヨーロッパの市場をターゲットにすることです」とTrinh氏は述べています。 (つづく)

コーヒーの品種は 70 か国以上で栽培されていますが、主にラテンアメリカ、東南アジア、アフリカで栽培されています。 中央アフリカ共和国、コロンビア、エチオピア、ホンジュラスなどの一部の国では、コーヒーは第 1 の輸出品であり、経済の高い割合を占めており、他の地域のコーヒーと比較して販売価格が最も高くなっています。 コーヒージャーニーの著者であるマークペンダーグラストによると、コーヒーをめぐる世界の歴史)。

Shiroma Tsukiko

「探検家。食品擁護者。アナリスト。フリーランスのベーコン施術者。将来の10代のアイドル。誇り高いポップカルチャーの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です