AFFの論争の後、インドネシアは突然ベトナムと「素晴らしくプレーした」

開催国のインドネシアは、2022年の東南アジア女子U18トーナメントを開催する過程で、ベトナムU18女子チームと素晴らしい行動をとっています。

記事の内容を聞く

ベトナムU18女子チームがインドネシアに到着し、東南アジアU18女子トーナメントへの旅を開始しました。 ベトナムのU19男子チームのように、イジリ・アキラの教師とコーチは、パレンバン市に足を踏み入れるために、7月18日の午後からほぼ1日続くベトナムからインドネシアへの飛行機に乗らなければなりませんでした。

しかし、2022年の東南アジアU19トーナメントでのインドネシアサッカー協会(PSSI)とU19ベトナムのサウザンアイランドファンの騒ぎと苦難に反して、U18ベトナム女子チームは入場時に開催国の主催者から丁寧な歓迎を受けました。 ホテルに移動します。

また、2022年の東南アジア女子U18トーナメントに先立ち、チェックインする前にCovid-19迅速検査手順ですべて否定的な結果が出たとき、娘たちにも朗報が届きました。20/ 027から、ベトナムU18女子チームが最初のトレーニングセッションを行いました。インドネシアで。

インドネシアのホストに温かく迎えられたベトナムU18女子チーム、チーム全体がCovid-19で陰性でした(写真:VFF)

その結果、長い旅のおかげで、コーチングスタッフは主にボールを使った軽いエクササイズを組織しました。その目的は、プレーヤーが次の試合に備えるためにメインのエクササイズを開始する前に徐々に追いついて適応することでした。 今後のゲーム。

パレンバンの天気はかなり暖かく、気温はほぼ34度です。 ベトナムU18女子チームは、ホテルからバスで約25分のトレーニンググラウンドを持つように主催者によって手配されています。 まだ少し疲れていますが、ほとんどのプレイヤーはここの生活条件にうまく適応できて満足しています。

ベトナム女子U18チームは、7月24日15時30分にジェロラジャカバリングスタジアムでシンガポールチームとの最初の試合に出場する前に、1日2回のトレーニングセッションを行う予定です。 以前、日本のコーチである井尻明のチームは、日本で2週間トレーニングする前に、VFFユースサッカーセンターで2か月間トレーニングを行いました。

FILE_20220720_110507_20220720_084355

ベトナムU18女子チームがインドネシアでの最初のトレーニングセッションに参加しました(写真:VFF)

「一般的に、人々はお互いをよく理解しています。 最近、私たちは日本への2週間の研修旅行に行きました。 それは成功したトレーニング旅行でした。 日本側は多くの支持を得ており、BHLと選手はトレーニング条件をより効果的に使用することができます。

来たる東南アジアU18女子トーナメントに向けて、チーム全体が大きな目標を設定するのではなく、プレーヤーが快適に学び、経験を積むことができるように、2023AFCU20女子選手権を楽しみにしています。」 井尻明ヘッドコーチは言った。

ホット:U-20ベトナムがAFCU202023予選に30人の選手を呼び寄せる

Ikeda Shichiro

"Web Specialist. Social Media Ninja. Amateur Food Enthusiast. Alcohol Advocate. General Creator. Beer Guru."

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です