韓国と日本は歴史問題で意見の相違を狭める

韓国のパク・ジン外相は、ドイツで開催されたミュンヘン安全保障会議の傍らで、日本の外務大臣である林義正と 35 分間会談し、問題をめぐる両国の継続的な意見の相違について話し合った。 . (1910-1945)。

聯合通信は2月19日、会談後、韓国のパク・ジン外相が報道陣に対し、戦時中の強制労働問題に関連する「主要な争点」について十分に議論したと述べたと報じた。 パク・ジン外相は、日本に対し、2018 年の韓国最高裁の判決に沿って、戦時強制労働の被害者に対する補償問題を解決するための「政治的決定」を下すよう求めた。政治的決定を待つ」と聯合はパク・ジン外相の言葉を引用して語った。

2018年、韓国の最高裁判所は、戦時中の強制労働事件で韓国人原告に賠償するよう日本企業に命じる判決を下した. しかし、日本企業は、日本政府の方針を理由に、判決の実施を拒否した。 聯合によると、日本側は、1965 年に調印された二国間協定に従って、戦後の問題が完全に解決され、終結したと依然として主張している。 したがって、日本は経済協力の形で韓国に援助または融資を提供します。

日本の外務省は別の声明で、林義正外務大臣と韓国のパク・ジン外相が戦時中の強制労働の問題について率直に話し合ったと述べた。 双方は、問題を解決するために、さまざまなレベルで両国の外交官の間で「緊密なコミュニケーション」を継続することに合意した.

韓国のパク・ジン外相と日本の林義正外務大臣との会談は、先週ワシントン(米国)で行われた両国の次外相間の二国間会談の直後に行われた。 韓国の趙賢東(チョ・ヒョンドン)外務次官は、両国は近い将来「共通点を見つける」ために引き続き協議すると述べた。 「以前からご相談をいただいております。 そのため、両者の差が縮まっている部分と、進んでいない部分があります。 早急に解決したいが、いつ解決するかは現時点でははっきりとは言えない」とチョ・ヒョンドンは語った。 日本の森武夫外務次官は、日本は韓国と協力する意思があり、日本は韓国との二国間関係を「回復し、さらに促進」したいと述べた。 2月初旬、韓国のハン・ドクス首相は国会で、日本との関係は「過去に執着しすぎるのではなく、未来に目を向けるべきだ」と述べた. 両国が直面する安全保障と経済情勢。

戦時中の強制労働の問題は、安保協力を改善するための両国の努力にもかかわらず、韓国と日本の関係の障害となってきました。 2022 年 5 月に尹淑烈(ユン・ソクヨル)大統領が就任すると、韓国と日本の関係は改善の兆しを見せ始め、国への信頼を回復するプロセスに沿って過去の歴史的問題を解決するアプローチが提唱された。 昨年 11 月、カンボジアで開催された一連の ASEAN 首脳会議の際に行われた二国間会談で、韓国の尹淑烈(ユン・ソクヨル)大統領と日本の岸田文夫首相は、上記の歴史的問題の解決策を早急に見つけることに合意した。

ホアン・ヴォン

韓国は国家民間防空演習の準備をしている

Kurata Hiroyuki

「テレビの第一人者。アナリスト。生涯アルコール中毒者。フレンドリーなベーコンスペシャリスト。Twitterオタク。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です