訪日ベトナム人は感染前から45%増

先週末のベトナム日本祭りで日本ツアーについて学ぶ訪問者 – 写真: NGUYEN MINH

この成長は、日本へのすべての市場が依然として 44.3% とマイナスであり、約 150 万人の外国人旅行者が日本を訪れていることを背景に、さらに顕著です。

ベトナム日本政府観光局 (JNTO) の代表者によると、日本を訪れるベトナム人観光客の数が最も増加しており、ベトナム人観光客はこの市場における重要な観光客源であると引き続き述べています。 なにより、今、市場は桜を見に行く日本ツアーの頂点に立っています。

Vinagroup TravelのゼネラルマネージャーであるTran Thanh Vu氏は、現在、ヨーロッパ、韓国、日本などの目的地で海外ツアーが非常に活発であると述べました…桜の季節が近づいており、他の国の天気も良いです. とてもいい、かっこいい…

「経済状況は厳しいので、顧客はまだ考慮事項と価格比較を持っていますが、最終的に決定的な要因はサービスの質のままです。 これまでのところ、状況は改善されています」と Vu 氏は述べています。

ベンタインツーリストでは、「桜の季節の日本観光」ツアーなど、日本ツアーはルートと価格の面で多様です。 4 月 30 日のホリデー ツアー シリーズには、東京 – 富士 – 名古屋 – 大阪のツアー (7 日間) と、東京 – 横浜 – 富士山 – お台場のツアー (5 日間) が含まれます。

TSTツーリストの代表者はまた、2年間予約を逃した後、ベトナムの観光客は日本に来ることを非常に熱望しており、1年で最も美しい時期は桜の季節と日本の祝日です.4月30日と5月1日.

同社によると、ビザ手続きがより便利で迅速になれば、日本を訪れるベトナム人観光客の数はさらに増加する可能性があります。

ホーチミン市の日本総領事である渡辺信宏氏は、両国の企業との会談で、日本は2023年を観光市場を復活させる機会と見なし、50周年を祝う活動を行うと述べた。 ベトナムと日本の外交関係の年であり、多くのベトナム人が日本を訪れ、旅行するでしょう。

現在、在ホーチミン日本国総領事館では、ベトナム市場からの需要の高まりを受けて、ビザ手続き部門の人員を増強しています。

JTB Corp の観光動向予測によると、2023 年には、日本の外国人観光客が前年同期比で 450% 増加すると予測されています。 2022年10月の規制解除以降、訪日外国人旅行者が急増。

しかし、日本の観光会社は、インフレとガソリン価格の上昇の影響により、流行後のツアーの価格がより高くなったことも認めています.

Iseri Nori

「熱心な読者。思想家。誇り高い食品の専門家。邪悪なインターネット学者。ベーコンの施術者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です