熱心な意見が多く、土地法(改正)の解説を担当

2か月以上の実施の後、土地法案に関する住民の意見を収集するための組織(変更された)は、3月15日に終了しました。 予備統計によると、天然資源環境省のウェブサイトを通じて、全国の組織や個人から約8,000件の意見が草案にコメントされました。

ベトナム祖国戦線の中央委員会は、法案に関する意見を収集するために、12 の会議とセミナーの組織の議長を務め、調整を行った。 27 の省と市のベトナム祖国戦線委員会にも 10,300 近くのコメントが寄せられました。

政府ポータルでは、2,000 を超える質の高いコメントがまとめられ、編集委員会に送信されます。

市民、専門家、科学者、企業の意見が、土地利用計画や計画などの一連の問題に焦点を当てた法案に貢献しました。 用地取得、補償、支援、再定住。 土地使用者の権利と義務、土地使用権と財産の証明書の付与。 少数民族の土地。

予備評価によると、土地法草案(改正)に関するすべてのカテゴリーの人々の意見を収集する組織は、肯定的な結果を達成しました。 (イラスト – 写真:Dan Tri)

現在、地方自治体は、来週の月曜日(3月19日)までに予定されている天然資源環境省に送信される住民の意見をまとめているところです。

土地法案(改正)に対する意見の多様性

予備評価によると、すべてのカテゴリーの人々から意見を収集する組織は肯定的な結果を達成しています。 プロジェクトの規定に関する多くの熱心で質の高いコメント。 これらは執筆プロセスにとって重要な資料です。

土地法草案(改正)に関する意見を奨励し、収集するために、天然資源環境省は、農民、企業、労働者などの社会階級を含む北から南までの地域で8つの会議とセミナーの組織を主宰しました。南部の弁護士、科学者、労働組合。

「科学者や社会層が十分に貢献できるテーマ別会議があり、編集機関が土地法草案を吸収、説明、完成させるための非常に良い条件を作り出しています」と天然資源環境副大臣の Le Minh Ngan 氏は述べています。

省庁、局、機関、組織、地方自治体も、土地法案(改正案)の内容について意見を集めるために、数多くの会議やセミナーを開催してきました。 特に、地元の選出された役人が参加する政府主催の会議には、多くの熱狂的なコメントが寄せられました。

「世論の収集は、かなり組織的な方法で行われ、本質的に決議 671 に対応している。国民議会と政府の指導者は、世論を収集するための会議の議長に直接参加している。 ワークショップや会議がさまざまな地域で開催され、各地域や地域の特性に応じて法案の条項を研究、調整、補足するための基礎が築かれました」と Doan Thi 氏は述べました。 国会の経済委員会の副委員長であるタン・マイ。

会議やセミナーを通じて、意見は非常に率直で多面的であり、現在の土地政策の問題点と欠点を指摘し、多くの興味深い提案を行っています。

コメントの責任を受け入れる

3 月 15 日まで、土地法草案 (改正) に関する意見を集めることを目的とした会議が続いた。 2 か月以上の協議の後、人口のすべてのカテゴリの代表者は、この重要な法案に関する人口からのコメントの収集が責任ある方法で行われることも期待しています。

3 月 15 日の終わりまでに、Thanh Hoa は 2,000 回の講演を開催し、(修正された) 土地法案について 13,000 以上のコメントがありました。

「祖国戦線は、国民議会の代表団および省人民委員会と緊密に連携し、世論の収集において組織を指導した。 人々の意見は、常に土地取得、土地開墾の補償、土地評価、土地利用計画の問題である。 」とタインホア省のベトナム本土戦線委員会の副委員長であるLe Thi Huyen氏は述べました。

3 月 15 日の午後、ホーチミン市では、国内外の協会、企業、科学者らが法案に関するコメントを行いました。 コメントとは別に、最近の(修正された)土地法案に関する一連のコメントも高く評価されました。

「私は地元の幹部の多くの会議やオンラインフォーラムに参加することができた市民です。個人的には、このように人々は非常に便利だと思います。人々は民主的権利が促進されているのを見ています」とTran Danh Toai氏は言いました。ホーチミン市タンビン区 4 区。

Le. Thi Thu Tra 氏は、「起草者によって検討され、国の土地の可能性を活用し、近い将来、国の土地資源を効果的に使用および促進するための最も効果的な土地法が制定されることを願っています」と述べました。 . 、ホーチミン市タンビン区のベトナム祖国戦線委員会の副委員長。

多くの専門家は、組織と意見が (修正された) 土地法案に貢献する方法が、対象範囲と深さの両方を提供すると信じています。 多くの熱心で責任あるアイデアが国民から提案されました。 現在の問題は、買収も責任を持って行わなければならないということです。

「編集委員会がコメントを収集し、分類し、聞いてから、法律に入れる基本的な内容をフィルタリングできることを願っています。ただし、編集委員会はトピックからのコメントや投稿に応答できるため、投稿者は自分の投稿が適切に処理されていると感じることができます。編集委員会が聞いた」、Assoc. アカデミー・オブ・ファイナンスの上級講師であるディン・トロン・ティン氏は、次のように述べています。

「また、非常に貴重な意見も得ており、土地法の修正が必要な実際の問題に貢献しています。相談を組織することもできます。予備的な意見を聞いた後、より詳細なセミナーに相談して、これらのアイデアについて議論し、批判し、意見を得ることができます。より高いレベルで」と法律事務所のグエン・ホン・バッハ弁護士はコメントしています。 ダン・ホン・バッハ 他

政府の計画によると、省庁、局、地方自治体、機関、組織からの土地法草案(改正)に関する協議の結果に関する報告書は、20日までに天然資源環境省に送付する必要があります。 / 3、それを国会の経済委員会に送って管理する。

天然資源環境省は、2023 年 4 月 1 日までに土地法案ファイルを完成させ、政府に提出する一般意見の収集結果をまとめます。

* TV Online でベトナム テレビが放送する番組を読者にフォローしてもらいます。 VTVGo!

Kurata Hiroyuki

「テレビの第一人者。アナリスト。生涯アルコール中毒者。フレンドリーなベーコンスペシャリスト。Twitterオタク。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です