日本企業は世界最大のグループからますます脱落しつつある

日本はかつて、世界で最も収益の高い企業500社のリストを独占していたが、30年近くが経ち、状況は完全に変わった。

1995 年にフォーチュン誌(米国)が初めて「モダン デイ グローバル 500」リストを発表したとき、当時のリストのトップ企業は三菱商事(日本)でした。 1,760億ドルで、「三菱の収益はAT&T、デュポン、シティコープ、P&Gの収益を合わせたものよりも大きい」 言った。 Global 500 は、次の年次リストです。 これは、売上高に基づいて世界最大の企業 500 社をランク付けします。

トップ10には、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅、日商岩井(後の双日)を含む日本企業5社も入っている。 日本はこのリストに 2 番目に多くの参加国であり、149 社が参加しています。 米国が 151 社でトップです。 しかし、上位500社に入る日本企業の総収益は米国や欧州を上回り、世界最大となっている。

しかし28年後、状況は完全に変わった。 今月初めに発表されたリストによると、今年のグローバル500に日本が名を連ねるのは41社で、米国と中国本土のそれぞれ136社と135社よりもはるかに少ない。

Global 500 に含まれる日本企業 (黒)、中国企業 (赤)、アメリカ企業 (青)、ヨーロッパ企業 (グレー) の数年間の推移。 チャート:

リストに載っている日本企業の昨年の総収益もわずか2兆8000億ドルで、これは世界収益の6.8%に相当する。 米国のこの割合は 31.8%、中国の割合は 27.5% です。

トヨタ自動車は、売上高2,740億ドルで19位にランクされ、リストに載っている日本最大の企業である。 三菱自動車は1,590億ドルで45位に戻った。

フォーチュン社は、30年前にグローバル500を独占していた国である日本がここまで急激に凋落したのには多くの理由があると考えている。 それは円安、破壊的な企業の少なさ、そして中国の台頭に関するものです。 これらは日本経済全体が直面する課題でもあります。

中国の台頭

1995年、中国はトップ500に3人の代表しかいなかったが、現在では135人となり、多くの日本の代表と入れ替わっている。 実際、中国企業は現在、日本の強みの多くを侵害しつつある。 今年初め、中国は日本を追い抜き、世界最大の自動車輸出国となった。 その理由の一つは、自動車メーカーBYDや電池メーカーCATLなどの電気自動車分野が急成長していることだ。

円安

現地通貨の変動も、グローバル500企業における日本企業の凋落を説明している可能性がある。過去1年間で、円の価格が米ドルに対して20%下落し、米国人のドルに換算した収益の減少につながった。

たとえば、トヨタ自動車の2022年の売上高は、2021年の為替レートで換算すると3,310億ドルに相当し、トップ10入りに貢献することになる。

東京(日本)に展示されているトヨタの電気自動車。 写真:ロイター

東京(日本)に展示されているトヨタの電気自動車。 写真: ロイター

円安により日本の輸出品は安くなりますが、輸入品も高くなります。 日本企業は現在、エネルギーやその他の輸入品のコスト上昇に直面している。

「日本は世界中から原材料を輸入し、それを加工し、剰余価値を付加して販売している。したがって、この状況では自国の通貨安は有利ではない」とファーストリテイリング(ユニクロの親会社)の柳井正CEOは語る。 。 2022年4月に。

輸出の急増により、日本の前四半期のGDPは6%増加した。 これはパンデミックが沈静化するにつれてサプライチェーンに混乱が生じる兆候だ。 しかし、国内支出は依然低迷しており、世界第3位の経済大国はパンデミック後、深刻な圧力にさらされている。

日本はテクノロジーブームの恩恵を受けていない

さらに大きな問題は、日本経済が長期にわたって停滞しており、老舗企業や新興企業の成長機会がますます減少していることだ。 過去10年間、日本のGDPはわずか5.3%しか成長しなかった。 一方、米国は23%、中国本土は83%成長した。

オックスフォード・エコノミクスのエコノミスト、山口典弘氏は、日本企業は米国や中国など他の主要経済国に比べてインターネットブームの恩恵を受けていないと述べた。 その理由は保守的な投資文化にあると同氏は言う。 「日本企業は収益の増加や新規事業の創出よりも、コストや人材の削減に重点を置く傾向がある」と同氏は述べた。

日本にはアルファベット、マイクロソフト、アリババ、テンセントなどのビッグテックグループに属する企業も存在しない。 「中国とは異なり、日本ではアリババのジャック・マーやテンセントのポニー・マーのような新しいクラスの起業家が出現していない」とチャタム・ハウスの研究員ヴァスキ・シャストリー氏はコメントした。 この専門家によれば、これは「構造経済改革の遅れが進歩を促進していない」という事実によって説明されるという。

一部の日本企業は何十年もフォーチュン誌のリストに載っているが、新たな代表者はほとんど存在しない。 「成功した新規企業が少ないことが、リストにおける日本の存在感の低下につながっている」と山口氏は語った。

対照的に、米国と中国には新興の名前がたくさんあります。 テスラはその一例です。 この電気自動車会社は 3 年前にグローバル 500 リストに含まれており、現在は 152 位にランクされており、このカテゴリーの日本企業の 4 分の 3 以上にランクされています。

はーゲーム (フォーチュンによると)


Sano Jurou

「ハードコアコーヒーのスペシャリスト。ボクシンググローブを着用して入力することはできません。熱心なインターネット愛好家です。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です