日本の地震の後、円安になりました

一般的に災害や地政学的危機の後に円の価値が上がるという歴史の法則に反して、1月1日の地震の後、円の価値は下落した。

日本の現地通貨は1月4日木曜日、約3円下落し、1ドル=144円と2週間ぶりの安値を付けた。 この動きは、震災後の日本の通貨価値が上昇した時期とは逆である。

過去には大規模な被害をもたらした地震の後、円が急騰した。 具体的には、1995年1月の阪神淡路大震災後、対ドル為替レートは3ヶ月で約18円上昇しました。 同年4月には円相場が史上最高値を記録した。

2011 年 3 月 11 日の地震と津波の後、為替レートは 1 ドル 76 円でした。 この展開により、G7は通貨価格の上昇を阻止するために協調して介入する必要に迫られた。 7か月後、日本の現地通貨は1ドル=75円に戻りました。 さらに、9.11同時多発テロや北朝鮮のミサイル発射など、地政学的緊張を高める出来事も投機による円価格上昇の原因となります。

しかし、1月1日に能登半島で発生した地震により、円の価値は再び下落した。 そのため、市場では昨年末、日本銀行が2024年前半にマイナス金利政策を終了するとの予想があったが、1月1日の地震により、その可能性は低いとの見方も出た。 その結果、マイナス金利の終了を期待して円を買った投資家は今度は円を売らざるを得なくなり、通貨価格に下落圧力がかかることになる。

さらに、安全資産としての円の魅力は最近弱まっています。 2022年2月のウクライナ紛争がその一例だ。 トレーダーらが一次産品価格の上昇が日本の貿易収支に及ぼす影響に注目したため、通貨は上昇するどころか下落した。

一部の円札は東京で採取された。 写真: ロイター

金利が記録的な低水準に張り付いているため、円は32年ぶりの安値に達しており、日米の主要金利の差は現在5パーセントポイントを超えており、引き続き下落圧力にさらされている。

円安は1月4日の2024年最初の取引でも日本株式市場に影響を与えた。 この結果、日経平均株価は175.88ポイント(0.53%)下落して取引を終えた一方、TOPIXは0.52%上昇した。

この取引中、地震の影響に対する懸念が投資家心理を圧迫し、日経平均株価は一時2%以上下落した。 円安を受けて投資家が輸出関連コードの買いを利用し、午後には値幅が縮小した。 三井住友DSアセットマネジメントのチーフマーケットストラテジスト、市川正博氏は「円安は自動車メーカーや機械メーカーの株買い活動を活発化させる」と述べた。

トヨタとホンダの株価は2セッション連続で上昇した。 一方、日本航空は1月2日の衝突事故で航空機が炎上したことを受け、21.5円(0.8%)高で4日を終えた。 アナリストらは、当初の大幅な下落にもかかわらず、同社株には購買力があると述べた。 1月5日の取引時点で、日本航空株は0.36%下落した。

ピエンアン (日経、共同通信によると)


Yoshioka Tadao

「音楽の専門家。情熱的なベーコン狂信者。読者。食品愛好家。アルコールオタク。ゲーマー。Twitterの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です