日本のチャイナタウンへの移民が急増中|LocoBeeトラベルチャンネル

近年、日本の政治情勢を背景に日本への中国人移民が増加している。

中国人は東京に集中している

法務省の外国人在留統計(2022年6月末現在)によると、東京には約22万2千人がいます。 日本に居住する中国人の総数は約75万人で、その約4分の1が東京(当時は埼玉県、神奈川県、大阪府、千葉県)に住んでいます。 また、東京の住宅地を詳しく見てみると、江東区が最も人口が集中しています。 2位は足立区、3位は江戸川区、4位は新宿区、5位は板橋区となった。 池袋があり中華料理店が多いと言われる豊島県はトップ5には入らなかった。

日本は中国からの黄砂流出を懸念

中国人が多いエリア5選

1. 江東郡亀戸区

安達

安くて便利、中華食材店も多いので住みやすいところです。 新宿からはJR総武線亀戸駅が最寄りで、東京駅にも10分程度で行くことができるので便利です。 亀戸は「亀戸天神」や「亀戸餃子」などの飲食店があり、都心として知られています。 駅から徒歩 5 分の亀戸 5 丁目中央通り商店街には、香辛料、野菜、中国食材の専門店などが並んでいます。 店舗が密集していないため、同じ総武線の新小岩や小岩(荒川の対岸の江戸川区)に比べると、他の商店街ほど混雑していません。

このエリアは家賃もかなり安いです。 1LDK~3Kで8.4万円~13.3万円。 江東区にはもう一つ、中国人人口が急増している地域がある。 豊洲です。 地下鉄有楽町線の豊洲駅を降りると、高層ビルやマンションが立ち並んでいます。 江東区には、JR、地下鉄有楽町線、東西線、都営新宿線が通っており、市内中心部へのアクセスが良好です。 これが、日本で中国人が多く住む場所ランキングでナンバーワンに選ばれる理由の一つでしょう。

2. 足立区

安達

足立区は江東区に次いで中国人が多い区です。 リクルートが実施した「SUUMO街ランキング2023 首都圏版」で北千住は28位にランクインしました。

駅の向かいにはルミネや丸井などおしゃれなビルが建ち並ぶ北千住。 駅前には中華のイメージはほとんどありませんが、住宅街や竹ノ塚駅付近に行くと中華食材店や中華料理店が増えてきます。

3. 江戸川区

江戸川区

江戸川区は江東区と同じルート上にあり、千葉県に近い。 江東と同じく有名店が多く、値段も安いです。 JR総武線平井駅の近くには、外国人留学生向けの日本語学校と中国人留学生向けの大学学校があります。

4. 高田馬場は新宿区にあります

高田馬場

高田馬場駅の前を降りると、大学受験予備校の看板がたくさんあります。 中国人留学生向けの「ガチ中華」が多く、早稲田大学に続く早稲田通り沿いには中国の有名店が軒を連ねる。

5. 板橋区

板橋区

板橋区は池袋のある豊島区に隣接しており、JR埼京線、都営三田線、東武東上線、地下鉄有楽町線、副都心線が通っています。 都営三田線を除く各路線が池袋駅まで乗り入れており、家賃も比較的安く通勤にも便利な人気のエリアです。

中国人人口の多い地区トップ5を見ると、ある共通点が見えてくる。 家賃も比較的安く、中華料理店やレストランもたくさんあります。 10年以上前に日本に来た中国人は、後から来た人たちとその経験を共有し、今日の中国人コミュニティエリアを築き上げました。

ベトナム人労働者に不法就労させた中国人夫婦を逮捕

最大2万円割引クーポン付き ブランド品を超優遇価格で購入!

ソース: ゲンダイ

発売元: ロコビー

Ikeda Shichiro

"Web Specialist. Social Media Ninja. Amateur Food Enthusiast. Alcohol Advocate. General Creator. Beer Guru."

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です