日本のインフレ率は過去40年間で最高

円安と輸入コスト上昇の圧力により、10月の日本のコア消費者インフレ率は40年ぶりの高水準に達した。

日本の10月のコア消費者物価指数(CPI)(生鮮食品価格を除く)は前年同期比3.6%上昇した。 この結果はエコノミスト予想を3.5%上回り、9月の3%を上回った。

また、これは、イラン・イラク戦争に起因する中東危機により原油供給が混乱し、原油価格が高騰した1982年2月以来、日本のCPIの最大の上昇率となった。 同国のインフレ率が日本銀行(BOJ)の目標である2%を上回ったのはこれで7カ月連続となる。

日銀の黒田東彦総裁は、日本の物価上昇の半分は輸入品のコストが占めていると述べた。 10月のデータによると、商品価格の上昇と円安(今年は対ドルで20%以上下落)がエネルギーコストを15%以上上昇させた。 一方、生鮮食品を除く食品は5.9%増加し、1981年3月以来の高い伸びとなった。

食料品では、ビールや日本酒などのアルコール飲料を筆頭に、88%が1年前より値上がりしている。 耐久家庭用品価格は約12%上昇し、1975年3月以来の高水準となった。

10月21日、都内の薬局で買い物。 写真:ロイター

このデータはまた、日本企業がさまざまな製品の値上げを開始することでデフレの考えから脱却する可能性があることを示唆している。 10月には、基本的なCPIバスケットを構成する522品目のうち406品目が前年同時期よりも高価だった。 9月のこの数は385記事でした。

専門家によると、日本経済はパンデミックによる不況後も依然として脆弱だという。 さらに、この国のインフレ率は他の先進国と比較して一般に緩やかなままです。 エコノミストらは、今年のインフレ上昇がコストプッシュ(つまり、原材料や労働賃金などの投入価格の上昇圧力など)とみなしているため、日銀は利上げしないと考えている。 輸入コストの増加が止まると、徐々に減少します。

農林中金総合研究所のチーフエコノミスト、南武志氏は「インフレは年末にピークに達し、来年は物価上昇が徐々に緩和すると思う」と述べた。

黒田東彦総裁は11月17日、持続的かつ安定した賃金上昇率とインフレを達成するため、金融政策の変更を維持することを再確認した。 日銀は長期金利を0%付近、短期金利をマイナス0.1%に維持している。

日銀は2023年3月期の平均物価が22年2月期に比べて3%上昇すると試算している。その後、2024年3月期の上昇幅は半分にとどまり、原材料などのコストもかかる。コストが緩和を後押しする。

ピエンアン (ロイター通信によると


Yoshioka Tadao

「音楽の専門家。情熱的なベーコン狂信者。読者。食品愛好家。アルコールオタク。ゲーマー。Twitterの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です