日本のインフレは4か月ぶりに再び加速

日本のコアインフレ率は再び3%に近づき、中央銀行に対するマイナス金利政策の終了への圧力が高まっている。

日本銀行(日銀)が11月24日に発表したデータによると、10月のコアインフレ率(食品価格を除く)は2.9%だったが、これまでこの数字は4カ月連続で低下しており、9月には約2.8%低下し、9月は3%を下回った。 2022年8月以来初めて。

同国のインフレ率は過去19カ月間、日銀の目標である2%を上回っている。 しかし同庁は、価格圧力は世界的な一次産品価格の高騰と円安によるものだと述べた。 彼らは、日本の物価が内需と賃金のおかげで持続的に上昇しているとは考えていない。

しかし、最新のインフレ統計は、日銀が間もなく金融緩和政策を終了するとの投資家の期待を強めることになるだろう。 SMBC日興証券チーフエコノミストの丸山佳正氏は「賃金交渉の結果を見て企業が製品価格を引き上げ始めれば、中銀は早ければ来年4月にもマイナス金利を解除し、利回り規制をやめるだろう」と述べた。ロイター。 。

日本のGDPは2四半期連続で成長を続けたが、消費と設備投資の低迷により第3四半期には減少した。 農林中金総合研究所のエコノミスト、南武氏は、日本の消費は引き続き低迷するとみている。 このため、企業は製品の価格を上げることに消極的になります。

今年最初の 10 か月の日本のコアインフレ率は 4% でしたが、最初の 9 か月は 4.2% でした。 ただし、この数字は7か月連続で4%を超えています。

多くのアナリストは、利回りをコントロールする政策は時代遅れになったと考えている。 現在、日本は10年国債利回りに1%の上限を設けている。 1年物の基準金利は現在マイナス0.1%。

今日のインフレ統計は、日銀が来月の政策会合で検討する予定だ。 これが今年最後のセッションとなります。

はーゲーム (ロイター通信によると)


Yoshioka Tadao

「音楽の専門家。情熱的なベーコン狂信者。読者。食品愛好家。アルコールオタク。ゲーマー。Twitterの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です