日本で最も長く首相を務めた安倍晋三氏の肖像

(ダン・トリ) – 安倍晋三氏は豊かな政治的伝統を持つ家庭に生まれ、日本史上最長の首相在任期間を誇り、日本の政治に大きな影響力を与えている。

安倍晋三元首相(写真:ロイター)

日本のメディアは、7月8日に奈良市で自民党の浅健太郎議員の選挙演説中に安倍晋三元首相(67)が襲撃されたと報じた。

駅によっては 日本放送協会安倍氏は散弾銃で撃たれ、「心肺停止状態にあるようだった」。

この事件は日本の世論に大きな波紋を呼んだ。なぜなら、安倍氏はもはや首相の職に就いていないとしても、依然としてこの国で非常に影響力のある政治家であるからだ。

安倍氏は政治的な伝統を持つ家庭に生まれた。 彼は安倍晋太郎元外務大臣の息子である岸信介元首相の孫です。 安倍氏の祖父である安倍寛氏も日本の衆議院議員を務めた。

安倍氏は行政を学び、1977年に成蹊大学で政治学の学士号を取得した。その後米国に渡り、カリフォルニア州サザン大学​​のUSCソル・プライス公共政策大学院で公共政策を学んだ。 1982 年に政界への参入を開始し、自由民主党内でいくつかの役職を歴任しました。 安倍氏は1993年に日本の国会議員に選出された。2006年に初めて日本の首相に就任したが、2007年に大腸炎後の健康上の理由で突然辞任した。

2007年に辞任した後、安倍氏は2012年に再選された。それ以来、彼は日本の政界で著名な人物となり、2017年に首相として3期目、2019年には4期目に当選した。

2020年に大腸炎のため再び辞任を発表した。 安倍氏は当時、この慢性疾患を8年間コントロールしてきたが、2020年6月にこの病気のせいで定期健康診断を受けなければならなくなったため、もう首相の職を辞し、皆さんの健康に専念することを決意したと述べた。 病気の治療に専念してください。

今日に至るまで、安倍氏は日本の歴史の中で最も長く首相を務めた人物である。

大きな影響力

日本の指導者としての長年の中で、安倍氏は多くの進歩を遂げてきたが、賛否両論にも直面してきた。 しかし、彼がこの国の政治シーンに大きな影響力を持っている政治家であることは否定できない。

2012年に安倍氏が首相として2期目に選出されたとき、日本は長年にわたる経済停滞により困難に直面していた。 安倍氏はアベノミクスと呼ばれる大改革を断行した。 この取り組みの集大成は、大規模な金融刺激策、公共支出の増加、構造改革です。

安倍氏の支持者や同盟者らは、安倍氏政府が打ち出した戦略が経済を改善し、投資家と消費者の信頼感を高めるのに役立ったと主張している。

しかし、安倍氏の政策は第3位の経済大国を支援するように見えると批評家が批判し、この政策には賛否両論もあった。 世界 革命的な成長を達成することよりも、衰退を回避することの方が重要です。

一方で、安倍氏の日本も高齢化の問題に直面しており、これにより人々は高齢化に向かって進んでいる。 仕事 ますます減少し、年金や高齢者の医療費を支払うために社会の負担が増加します。

しかし、安倍政権のリーダーシップの下、日本は経済発展を促進するために外国人労働者の数を増やすために規制も緩和してきた。

5月の新聞には、 エコノミスト 同氏は、安倍氏は2年以上前から影に隠れているものの、一部の分野では安倍氏の影響力が依然として極めて明白であると指摘した。

専門家らは、日本の防衛力を向上させ、米国との関係を改善しながら、米国との緊密な同盟関係を強化するという安倍首相の核となる外交政策は依然として実施されていると述べている。 この地域におけるライバルの影響力の増大。

米国の専門家マイケル・グリーン氏によると、安倍氏率いる自民党の反対派ですら、安倍氏の政策より良い道を見つけることはできないという。

Ikeda Shichiro

"Web Specialist. Social Media Ninja. Amateur Food Enthusiast. Alcohol Advocate. General Creator. Beer Guru."

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です