日本ではクロマグロの値段が80万ドル

東京最大の魚市場で行われた新年の競りで、クロマグロが1億1,424万円(78万9,000米ドル)で落札された。

によると、これは1999年の競り開始以来、マグロの落札価格としては4番目の高値だという。 共同通信。 2024年はマグロの価格が初めて1億円を超えた年でもある。

東北の青森県大間沖で捕獲された重さ238キロの本マグロ。 買い手は仲卸会社「やま幸」(東京)と寿司店「銀座おのでら」。 このオークションチームは4年連続でオークションに勝利しています。

1億1424万円相当のマグロは無事に落札された。 写真: 共同通信

このマグロの肉は、山幸と鮨銀座おのでらが東京の食料品店で販売する。 年明けに発生した地震について、やま幸社長の山口幸隆氏は「参加をやめるかどうか複雑な思いがあった」と語った。 「しかし、私たちは前向きなニュースも必要であると確信し、参加することに決めました」と彼は語った。

マグロの競りは縁起が良いと考えられており、日本の正月の伝統となっています。 このイベントは東京の最も有名な観光名所の一つである豊洲市場で開催されました。

市場のオークション史上、最も高価なマグロは重さ278キロで、2019年に3億3,360万円(230万ドル以上に相当)で落札された。 昨年購入された最も高価なマグロの価格は、今年のわずか3分の1でした。

ピエンアン (共同通信によると)


Yoshioka Tadao

「音楽の専門家。情熱的なベーコン狂信者。読者。食品愛好家。アルコールオタク。ゲーマー。Twitterの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です