日本、情報技術分野の外国人人材を誘致する「技術者ビザ」プログラムを試験導入

東京の羽田空港での乗客のチェックイン

市は11月13日、「VISAエンジニア」制度を開始した。 このプログラムに最初に参加する企業は、ベトナム有数のIT企業であるVMOホールディングスの日本法人であるVMOジャパンです。

この制度は、県庁所在地である福岡市に拠点を置く企業の成長を支援するため、外国人IT技術者を呼び込みやすくすることを目的とした国の「国家戦略特区」制度を導入したものです。

市政府によると、市内にオフィスを構える企業はこのプログラムに応募できるという。

この制度では市が外国人IT技術者を受け入れる企業を検査する責任がある。 このおかげで、申請の審査期間は約 1 か月に短縮される見込みです。

外国人IT技術者を採用したい企業は、自治体に参加申請をする必要がある。 応募ファイルには、外国人ITエンジニアの採用を目的とした登録条件、財務情報、採用計画、職務内容が含まれています。

市は中小企業診断士と連携し、申請企業がIT関連事業を行っているかどうかなど経営状況を確認する。 候補企業は自治体の「試験」に合格すると、経営の安定性を証明する書類が交付される。

その後、外資系IT企業や技術者は自ら、安定管理証明書を添えて在留申請書を福岡出入国在留管理局に提出します。 証明書の有効期間は 1 年間で、有効期間内であれば何度でも使用できます。

外国人IT技術者は、会社が「技術者ビザ」に登録してから、順調にいけば約2か月で滞在許可を得ることができます。

日本の入国管理局によると、在留資格の選考には通常1~3カ月かかるが、中小企業への就職を希望する申請者の場合はそれ以上かかる場合が多いという。

VMO Japan は福岡に強力な事業基盤を確立しており、現在エンジニアを募集しています。 VMO Japanは「エンジニアビザ」プログラムを活用することで、ベトナムからITエンジニアをより容易に呼び込みたいと考えています。 同社が採用した技術者は来年1~2月に来日する予定。

VMO Japan 副所長のグエン・ティ・フオン・マイ氏は、IT 部門は大きく進化しており、外国人従業員がすぐに入国できるため、同社は非常に幸運だと感じていると述べた。

福岡市は、企業が外国人材を受け入れやすくすることで、より多くの外国企業を市内に誘致し、スタートアップの成長を支援することを目指している。

福岡市長の高島宗一郎氏は、「技術者ビザ」制度がまず福岡市のITエンジニアを支援し、その後全国に拡大することに期待を示した。

VNAによると

Kuwahara Minako

「情熱的なポップカルチャーアホリック。誇り高いベーコンの先駆者。熱心なアナリスト。認定リーダー。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です