投資環境を信じて、日本企業の6割は今後1~2年で事業拡大を続けるだろう。

ジェトロはベトナムに投資する日系企業1,816社に調査を実施し、加工・製造業を中心に600社以上から有効回答を得た。

企業収益の見通しについては、経済活動が黒字になると見込まれる企業の割合は59.5%となり、前年より5.2ポイント上昇した。 一方、企業損失は7.8ポイント減少し20.8%となった。

ジェトロによると、5.2ポイント増加したにもかかわらず、ベトナムに残留する企業の割合は、ASEANやアジア・オセアニア地域全体と比較すると相対的に低い(それぞれ65.6%、63.5%)。


注目すべきは、2021年と比べて利益が改善したと回答した日本企業は47.6%と16.2ポイント以上増加した一方、減益と回答した企業は22.6%で前年比14ポイント減少した。

良いニュースは、2023年も経済は依然として多くの困難に見舞われると予想されているものの、企業利益の見通しが改善すると考える日本企業の割合は依然として53.6%に達し、利益が減少している企業の割合は53.6%に過ぎないことである。 %。 6.9%。

今後1~2年の事業の方向性については、60%の企業がベトナムでの事業を拡大すると回答し、事業を縮小する、あるいは同国のサードパーティに移行すると回答した企業はわずか1.1%だった。 成長の可能性がある場合、企業は市場を拡大し、輸出を増やすことで収益を増やすことができます。

また、ベトナムに投資する日本企業の56.5%がサプライチェーンや購買システムの見直しを計画している。 具体的には、サプライチェーン混乱のリスクに対処するため、購買拠点を中国や日本からベトナムに移すことで、ベトナムでのより高いレベルの現地調達を推進することを検討します。 この変革計画に伴い、日本企業も設備投資を増やし、人的資源の節約と生産コストの最適化を図るための自動化やデジタル化を推進し続けています…

投資環境を信じて日本企業の6割が今後1~2年で事業拡大を続ける - 写真2

インタビューした多くの日本企業によると、ベトナムのビジネス環境には成長の可能性があるものの、非効率な行政手続き、政策、規制など多くの課題にも直面しているという。

「これらの具体的な結果は、日本企業が新規事業や投資手続きに伴う時間とコストの無駄を懸念していることを示しています。 ジェトロは今後もベトナム政府と協力し、行政手続きのより効果的な実施を促進するとともに、行政手続きの改革を支援していきます」とジェトロはコメントした。

Yoshioka Tadao

「音楽の専門家。情熱的なベーコン狂信者。読者。食品愛好家。アルコールオタク。ゲーマー。Twitterの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です