備えは日本の地震被害を軽減するのに役立つ

事前の備えと建築規制のおかげで、日本は1月1日のマグニチュード7.5の地震による犠牲者の数を抑えることができた。

マグニチュード7.5の地震でひび割れた石川県能登市の路面。 写真: 朝日新聞

2024 年の元旦、マグニチュード 7.5 の地震が日本全土を襲い、少なくとも 62 人が死亡、数千軒の家屋が倒壊しました。 東アジアの国がこのような災害に見舞われるのはこれが初めてではない。 日本は、津波と原発事故を引き起こした2011年のマグニチュード9の地震を含め、数多くの激しい地震に見舞われてきた。 しかし、ノースイースタン大学のダニエル・アルドリッチ教授によると、日本の地震による死傷者率は、周到な準備と災害後の復旧対策のおかげで比較的低いという。

「私のお気に入りの研究の1つは、地震による死亡率を調査し、政府がセーフティネットなどの対策に費やす金額と比較するものです。日本のような国は、人々の安全を守るためにより多くの資金を投資しており、多くの場合、より良い備えをしています」とアルドリッチ氏は述べた。

大規模な地震は、政府が十分な対策を講じていない場合、死亡率の上昇につながります。 例えば、昨年トルコとシリアで発生したマグニチュード7.8の地震では、最大4万1,000人の死者が出た。 2005年にパキスタンで起きたマグニチュード7.6の地震では、少なくとも8万6000人が死亡した。 しかし、2011年の日本の地震では、はるかに強力であったにもかかわらず、上記の災害よりもはるかに少ない2万人が死亡しました。

日本の災害と復興の専門家アルドリッチ氏によると、この国は複数のプレートが交差する場所に位置しているため、地震を含む自然災害の長い歴史があるという。 日本は1,000年以上にわたって地震と津波を経験してきたという証拠があります。 「この国は災害と戦う国であり、災害の軽減にはかなりの成功を収めています」とアルドリッチ氏は語った。

日本は、地震への備えを日常生活に組み込むことでこれを実現しています。 日本では、アメリカの学校で火災や銃撃の訓練が行われているのと同様に、生徒は地震訓練に参加します。 アルドリッチ氏自身も東京に住んでいる間、消防設備の使用と応急処置の訓練、つまり地震の際に役立つこの 2 つの活動に参加しました。 「これが日本政府が住民に望んでいることだ。日本は環太平洋火山帯に位置する国で、多くの火山と頻繁な地震活動で有名だ。その特殊な場所のために数百回の地震を経験している」とアルドリッチ氏は語った。

アルドリッチ氏は、日本の災害対策へのアプローチは 2 つの方向から来ていると説明しています。 一方で、災害前、災害中、災害後には、トラブルシューティング訓練や訓練、避難のための避難指示を備えた建物の建設、地震警報システム(地震発生の 30 秒前に人々に警告できる)の設置など、多くの政府の取り組みが行われています。 )そして迅速な介入部隊を訓練します。

これは、一般の人にも緊急事態に対処するための備えが備わっていることを意味します。 日本に住む多くの人は、地震への備えや対応方法を知っています。 アルドリッチ氏によると、これは日本の民間航空機が地震帯を支援する沿岸警備隊の航空機に衝突したときに最も明白であったという。 乗客全員が安全に避難し、飛行機に乗っていた5人だけが死亡した。

「数秒以内に消防士が現場に到着した。住民は平和的に避難したため死者は出なかった。日本はトップダウン、ボトムアップのアプローチで対応をうまく展開した。我々にはできない。地震を防ぐことはできない。できることは」生活環境を保護するために一連の措置を講じることです」とアルドリッチ氏は語った。

建物の構造も重要な要素です。 過去60年にわたり、日本は基礎を固定するのではなく、振動によって揺れるように設計された建物を建ててきました。 アルドリッチは、数年前の強い地震の際、日本のビルの17階にいたときにこれを経験しました。 「建物全体が揺れましたが、ガラスや石膏パネルは壊れませんでした。これは非常に現代的な技術でした。古い建物の基礎は柔軟性が低いため、壊れることがよくあります」とアルドリッチ氏は語った。

すべての建物が近代化されているわけではないため、日本の多くの写真には、崩れかけたコンクリートと漆喰で作られた古い建物が写っています。 地震などの災害は常に高齢者などの弱い立場にある人々を脅かします。 ただし、慎重に準備しておけば、影響を大幅に軽減できます。

ア・カン (によると Phys.org


Kuwahara Minako

「情熱的なポップカルチャーアホリック。誇り高いベーコンの先駆者。熱心なアナリスト。認定リーダー。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です