人民評議会の基準に対する権威の増大には制御機構が必要である

法務委員会第18回総会

法務委員会による資本(修正)法案の検討: 都市政府モデルの試験的実施で良好な結果を確保する

会合では、資本法(改正)案の説明を聞き、その内容について議論した後、構成の観点からの制定の必要性や目的、改正の範囲について合意した。資本法(改正)。 首都(修正)法案のファイルは、公布法第64条第1項に規定されたすべての文書を含め、多大な探究心をもって政府によって非常に精緻かつ真剣に作成されたと指摘した。 第6回会期中にコメントを求めて国会に提出された。

法務委員会が第18回本会議を開催

首都法は社会政治的に深い意味を持つ特に重要な法律であると強調。 法律の改正は、法律に定められた政策、要件、課題を速やかに制度化するために、首都の建設、保護、開発の政治的根拠、法的根拠、実践的基盤を厳密に踏襲する必要がある。 政治局、特に2013年憲法と決意の遵守を確保し、2045年を見据えた2030年までのハノイ首都開発の方向性と課題に関する2022年5月5日の政治局決議第15-NQ/TW号首都の建設、保護、開発から生じる現実的な問題。

代表者らはまた、首都法案(修正案)には特定かつ特別な仕組みと政策が必要であり、市政府に任務を割り当てる一方で強力な地方分権を実証する必要があると述べた。 首都の建設、保護、発展においてハノイはこの地位に値します。 、決議番号 15-NQ/TW で特定された役割と目的。 法案で設計されたメカニズムと政策は、地方分権の範囲と内容に関して明確かつ明確でなければなりません。 地方分権の分野は包括的である必要がありますが、目的があり、対象が定められ、実現可能性が保証され、政府機関の検査と監督の任務と責任を実行するためのプロセスと手順に関する特定の規制を通じて権力を制御するメカニズムがなければなりません。 同時に、国の政治・行政の中心地であると同時に特定の都市部としての首都の使命を実現するための具体的な仕組みや政策を完成させる必要がある。

法委員会のグエン・フオン・トゥイ副委員長は常設法委員会の意見について議論した。

同時に、分散化と地方分権化の具体的かつ明確な内容、範囲、対象、および責任体制に関連する認可メカニズムを確保する必要性に留意する。 非規範的な規制を制限します。 すでに他の法律で規制されている内容や事項を再度規制しないでください。 コンテンツはハノイやその他の場所でテストされており、現在もテストされています。 予備的および最終的なレビューを通じて、それらは効果的であり、首都の社会経済的条件に適応していることが判明し、高いコンセンサスを達成しました。 その後、それらは研究され、法律に置き換えられました。 検討と承認のために国会に提出される法案の特定の内容については、首都法がより具体的なレベルを規定することもあります。 内容は明確ではなく、まだ安定しておらず、意見が分かれています。 したがって、さらなる研究が必要です。

多くの参加者は首都の都市政府の組織モデルを規制することに関心を持っており、法案で提案されているハノイ市の都市政府の組織を基本的に承認した。 これは国会決議第 97/2019/QH14 に従ってテストされたモデルの遺産であり、予備試験ではハノイ市の状況と特性に適応した多くの肯定的な結果が示されています。

レ・スアン・タン代表 – カインホア省国会代表団

しかし、これに関して、カインホア省国会議員レ・スアンタン代表は、ハノイは国の首都であるが、ハノイは国内63の省/市の一つでもあると述べた。 したがって、ハノイ市政府は、他の省・市や都市部の政府や都市機関と同様に地方政府組織であり、地方自治組織法の規定に従って統一されています。 したがって、レ・スアン・タン議員は、ハノイ市開発政策の策定を目指しながら、試験的内容全体を首都法に追加することを検討することを提案した。 代表者は、首都とハノイの間には区別があるべきだと述べた。 首都は国全体に属し、国全体の共通の責任と国全体の誇りであり、文化的および歴史的価値の保存と促進はハノイ市とは異なります。 上記の分析から、代表者は、地方の権利の組織に関する法律の修正を準備し、都市の権利の組織に関する法律を制定することが適切であると信じている。

ハノイ市人民議会の代議員の数に関して、法案には、今後の時代においてハノイ市人民議会の権限が強化されることが期待されると明記されている。 したがって、この法案には、市人民評議会のフルタイム勤務の代議員の割合が20%から25%増加する可能性があると明記されています。

代表者が会議に出席した

会議では、市人民評議会の代議員の数を増やすことを提案するのではなく、フルタイムで働く代議員の割合を増やし、革新的な方法と仕事のやり方に集中し、質を向上させるよう努める必要があるとの意見が多数出た。 そして業務効率化。

外務委員会のレ・アイン・トゥアン副委員長は、法案の条項を承認し、市人民評議会の任務と権限が大幅に増加し、それによって現役の代議員の割合が増加することが予想されると述べた。 – 動員時間をより高いレベル、つまり国会議員の場合と同様に少なくとも 40% に設定することができる。

同時に、外務委員会副委員長は、両国間の会談中に生じた問題を解決する実際的な必要性から生じた、人民評議会常務委員会の権限を強化することを目的とした規制に同意を表明した。 。 しかし、外務委員会のレ・アイン・トゥアン副委員長も、特に公務に関連した問題に関して、2つの人気のある会合の間の実施中にこの権限の乱用を管理し、回避するメカニズムの必要性を強調した。 市に委託された分散型投資プロジェクト。

ゲアン省を担当する国会議員のチャン・ニャット・ミン氏が会議で発言した。

別の観点から、ゲアン省国会のチャン・ニャット・ミン専門代表は、現在、地方自治組織法には人民評議会が人民評議会常務委員会に問題解決の権限を与えるとは規定されていないと述べた。 人民評議会。 人民評議会常務委員会の運営中、人民評議会常務委員会は地方自治組織法第 104 条の規定およびその他の法的文書に従って任務と権限を行使します。

この問題を解決するために、国会常務委員会は、人民評議会の権限内の事項について人民評議会の多くの活動を指導する決議629/2019/NQ-UBTVQH14を発行しました。 人民評議会の 2 回の定例会議の間に、即時決定を下す必要がある場合、人民評議会常務委員会は単独で、または人民委員会委員長の要請に応じて決定を下すことができる。 人民評議会の議員総数の少なくとも 3 分の 1 が、検討し決定するために人民評議会の臨時会議を招集することを決定する。

しかし、ハノイ決議および首都法草案(改正)では、予期せぬ問題を解決する場合、人民評議会は臨時会議を開催することが規定されている。 したがって、チャン・ニャット・ミン代表は、法制度の均一性と地方間での適用の均一性を確保するための規制を検討することを提案した。

計画された計画によると、第15期国会第6回会期中に、政府は首都法草案(改正)を国会に提出し、最初の審議を行う予定である。

Ikeda Shichiro

"Web Specialist. Social Media Ninja. Amateur Food Enthusiast. Alcohol Advocate. General Creator. Beer Guru."

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です