ホーチミン市は世界の本の首都になりたい

ホーチミン市ブックストリートで本を読む学生たち。 写真:VNA放送

近年、多くの新しいモデルが効果的に展開されているため、ホーチミン市は読書文化の発展において全国の「明るい場所」と見なされています。 得られた結果に基づいて、市は本を開発し、読書の文化を促進するための多くの解決策を導入しようとしています。 ワールドブックキャピタルのタイトルに登録することを目的としています。

読書文化の発展に明るい兆し

ホーチミン市には、ますます広まる読書文化に関連する多くのモデル、場所、文化的作品があります。 特に、ホーチミン市のブック ストリートは、効率的かつ原則に従って運営されている、国内初の読書文化の近代的なモデルと見なされています。

2016 年の運営開始以来、ホーチミン シティ ブック ストリートには約 1,600 万人の訪問者が訪れ、総売上高は約 2,570 億ドンに上ります。 また、ブック フェア、インタラクティブな本の遊び場、展示会、書籍の紹介など、読書文化を促進するための活動を含む、政治的、文化的、社会的課題に奉仕する何百もの活動があります。

特に、パンデミック後の 2022 年には、ホーチミン市のブック ストリートは驚異的な数で目覚ましい成長を遂げました。 2022 年のホーチミン市ブック ストリート ユニットの総売上高は、2021 年から 113.7% 増加して、516.4 億 VND に達しました。 3,200 以上の新しいタイトルを含む、2021 年に比べて 3.8% 減少しました。特に、児童書の売上は 2021 年に比べて 236% 増加し、100 億ドン以上に達し、シュガーブックの総売上高の約 20% を占めています。 151,000冊の本を販売。

2022 年の Duong Sach への訪問者数は 300 万人近くに達し、2021 年と比較して 87.5% 増加しました。この訪問者数は、流行前の 2019 年に相当します。 そのうち、外国人観光客は30%以上を占めています。 2022 年には、ホーチミン市のブック ストリートで 400 以上の活動やイベントが開催され、政治、社会、文化、教育の課題、特にコミュニティで読書文化を発展させる活動が行われます。 .

Ho Chi Minh City Book Street Co., Ltd のディレクターである Le Hoang 氏は、2022 年の販売部数と新しいタイトルの数の指標は 2019 年に比べて約 30% 減少したが、その収入は依然として低いと述べた。 17%増。 これは、読者から本を購入することを選択する需要が高まっていることを示しており、読者は内容の面で価値が高く、形の美学が高い本に投資することをいとわない.

「7 年間の運営の後、Duong Sach は本のためのメイン スペースで独自のアイデンティティを維持することを決意しています。Duong Sach の屋台の主なアイテムは本です。 設定された目標を適切に実施することは、本の周りに文化的な空間を作り、読書の文化を促進することです。 実際、Duong Sach への訪問者が見たいのは、典型的な本に優しい空間である魅力的な良い本です。 ホーチミン市ブックストリートやその他のユニットは、業務の質の向上に引き続き注力しており、目標は自らを刷新することですが、固有のアイデンティティを維持することでもあります」とル・ホアン氏は強調しました。

達成された効果から、ホーチミン市のブック ストリート、フーラム ブック パーク、5 区ブック パークなどの既存のパターンと場所に加えて、将来、ホーチミン市には次のような新しい場所ができます。 Thu Duc 市、5 区、7 区、6 区のブック パーク… ホーチミン市が文化空間を建設するという政策は、ホーチミンの文化空間を実施し、促進するための出版部門のモチベーションを高め続けています。そして政治理論、読者がこのトピックに関する本に近づくための多くの条件があります。

読書文化の普及に貢献するために、市は多くの大規模なイベントを開催し、読書文化に注目を集めています。 テト・ブック・ストリート・フェスティバルは、市内の典型的かつ典型的な文化イベントの1つであり、コミュニティに読書文化を広めるのに効果的でした. 10年以上の組織を通じて生み出された魅力で、最後の旧正月であるブックストリートフェスティバルは、2022年に3倍の規模、4倍の面積で開催されました。イベントは8日間で80万人の来場者を集め、書籍の売上高を超えましたVND 82 億、訪問者数と収益は前年の 2 倍になりました。 組織化されたイベントは、人々のためのスペースと目的地を作成するだけでなく、精神、本への愛を広め、コミュニティで読書の文化を発展させるのにも役立ちます.

ワールドブックキャピタルの称号を達成するための努力

写真のキャプション
ホーチミン市ブックストリートの訪問者。 写真:VNA放送

多くの出版および出版部門の本部として、ホーチミン市には、出版業界を発展させ、コミュニティで読書文化を発展させるための多くの条件と可能性があります。 市内には 39 の国内外の出版社、140 を超える出版ユニット、1,000 近くの個人書店があり、書籍市場に興奮と豊かさをもたらしています。 これに加えて、1,500 を超える地方図書館と 1,100 を超える学校図書館を備えた市全体の基本的な図書館システムは、すべての人の読書ニーズを満たすのに役立つ環境を作り出しています。

このようなインフラにより、長年にわたり、市内の出版産業と読書文化が強力に推進されてきました。 2015 年から 2020 年にかけて、市は毎年平均約 200 万部の書籍を発行しており、その成長率は年間約 10% です。 デジタル開発の強い傾向に直面して、市内の電子出版市場は大幅に成長しました。 2022 年には、市内の電子出版物の数は 2021 年に比べて 3 倍以上になり、ユーザーは 400 万人を超えました。これは、340 万部の書籍が読まれたことに相当します。

ホーチミン市の情報通信局長であるラム・ディン・タン氏は、これらの条件と可能性に基づいて、ホーチミン市は2025年までに「ワールド・ブック・キャピタル」として登録することを目指していると語った。書籍の開発と読書の文化を奨励します。 都市の登録に基づいて、ユネスコは毎年、この称号を都市に授与するものを選択します。

市の情報通信部門の責任者は指摘した。 タイトルだけでなく、何よりも出版業界を発展させ、読書文化を発展させる原動力となっています。 国家によって公布された政策と、この称号を達成するための解決策を実施するプロセスを通じて、出版業界を促進し、読書文化を強力に発展させます。

市の情報通信部門の責任者によると、設定された目標を達成するために、今後の主な課題は、市が読書文化の強力な発展を促進し続けることです。 新しいポリシー メカニズムを通じてパブリッシャーとパブリッシャーの成長を支援します。 政策を適応させるために、市が2023年に導入しようとする新しいコンテンツの1つは、都市居住者、特に若者の読書率の測定を試験的に行うことです. この結果は、過去の読書文化発展政策の有効性を測る基礎の一つであり、また将来の具体的な政策を策定するための重要な基礎となるでしょう。 一般的な方向性としては、読書文化を発展させるための市の政策は、読書文化のコミュニティスペースの発展を強調し続けています。 文化全般、特に読書文化へのアクセスと楽しみの格差を徐々に解消するために、本を支援し、遠隔地や困難な地域に持ち込む。

「デジタルトランスフォーメーションはあらゆる分野で避けられないトレンドであり、出版も例外ではありません。 しかし、現実には、出版および出版業界におけるデジタル化にはまだ多くの問題があり、政府機関や国家機関はモデルや技術の選択に混乱しています..したがって、業界のデジタルトランスフォーメーションを加速するために、包括的な国家志向を持つことが必要である」 – ホーチミン市の情報通信局長、ラム・ディン・タンが提案した.

Ikeda Shichiro

"Web Specialist. Social Media Ninja. Amateur Food Enthusiast. Alcohol Advocate. General Creator. Beer Guru."

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です