ベトナム女子代表が帰国、フイン・ヌーは欠場の可能性も

(ダン・トリ) – 10月8日夜、マイ・ドク・チョン監督は2024年パリオリンピック第2次予選に備えたベトナム女子チームの招集リストを発表した。

そこで、杭州(中国)で開催されたアジアド19に参加したばかりの23人の選手に加えて、コーチのマイ・ドゥク・チョンは、まったく新しい選手、すなわち若いストライカーのゴック・ミン・チュエンをチームに招集した。

このリストにはストライカーのフイン・ニューの名前はまだ載っていない。 VFFは、FIFAデイズ期間中に開催される2024年パリオリンピックの第2次予選にフイン・ヌーが帰国してチームでプレーできるよう、ランクFC(ポルトガル)と協力していることが知られている。

ベトナム女子チームはアジアド19で日本に0-7で敗れた(写真:Tuan Bao)。

しかし、フイン・ヌーが2024年のオリンピック第2次予選に出場できるかどうかは、今のところまだ答えが出ていない。

2024年パリオリンピックの2次予選では、ベトナム女子チームは日本、インド、ウズベキスタンと同じグループに入っている。 マイ・ドゥク・チョン監督と彼のチームにとって、これは厳しいグループだ。

大会規定によると、上位3チームが3グループに分かれ、成績の良かった2位チームが五輪3次予選への切符を獲得する。 日本とのグループ戦に臨むベトナム女子チームのグループ優勝の可能性はほぼゼロだ。 アジアード 19 では、ハイ イェンとチームメイトは日本 (U20 グループ) に 0-7 という厳しいスコアで敗れました。

ベトナム女子チーム、トレーニングセンターでトレーニングを再開 サッカー 10月9日から若手ベトナム人(ハノイ)、予選ラウンドに出場するためウズベキスタンへ出発。

試合スケジュールによると、ベトナム女子チームはウズベキスタン(10月26日)、インド(10月29日)、日本(11月1日)と対戦する。

ベトナム女子チームは日本との再会に向けて準備中、フイン・ヌーは引き続き欠場?

Iseri Nori

「熱心な読者。思想家。誇り高い食品の専門家。邪悪なインターネット学者。ベーコンの施術者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です