ベトナム人男性が日本で「移動パン」を販売

レ・トゥアン・ダットさんは整備士見習いから、日本で最高の月商数億ドンを誇る「移動式パン屋」のオーナーになった。

トゥアン・ダット氏は1984年にクアンニン省で生まれ、2008年に整備士の研修生として来日した。 努力の末、マネジメント会社から高く評価され、日本に滞在するよう誘われた。 そこからダットは質の高いビザを取得し、パートナーの故郷である北海道で起業家としての旅を始めました。

ベトナム料理が好きなのでパンを売ります

トゥアンダットのハノイパンが日本でも販売されています。 写真: はぁ、やあ

食べ物への愛が、ダットにシェフになる道を追求するきっかけを与えました。 彼は日本人の好みや飲酒習慣をより深く理解するために、レストランや醸造所で長年働いてきました。

2022年5月、新型コロナウイルス感染症のパンデミックを受けてベトナム政府が渡航制限を撤廃したとき、トゥアン・ダットさんはその時が来たと悟り、ベトナム料理レストランをオープンして地元の人々に国の味を紹介するという長年の夢を正式に実現させた。

「氷と雪の国」北海道が日本で最も寒く、人口密度が減少する傾向にあることに気づいたトゥアン・ダットさんは、常設のレストランを開くのではなく、移動式レストランという新しい発想でビジネスを始めることを決意した。 彼は小型トラックでパンを販売することを選択し、ベトナム料理を愛する顧客を呼び込むために毎日売り場に行きました。 これにより、事業拠点を柔軟に選択できるだけでなく、北海道内のさまざまな場所の顧客にリーチするための有利な条件が生まれます。

ダット氏はビジネスアイデアを共有し、「パンがおいしい食べ物であるだけでなく、ベトナムの文化と歴史の融合の象徴でもあるため、パンをメインディッシュに選びました」と語った。

クアンニン省出身の男性によると、ほとんどの日本人はベトナムのバインミーを知っており、機会があればぜひ食べてみたいと思っているそうです。 Dat では、パンに加えて、春巻き、春巻き、バインクオン、豚の角煮など、他の伝統的なベトナム料理も多数提供しており、お客様により多くの選択肢を提供しています。

自分だけのパンソースのレシピを見つけてください

トゥアン・ダットは、成功するには北海道の厳しい気象条件に柔軟に適応する必要があると信じています。 地元の祭りやイベントに積極的に参加して自社製品を宣伝し、オンデマンド調理サービスをパーティー予約から家庭向けサービスまで拡大した。

「私が直面している最大の課題の1つは、経済的なことではなく、むしろ日本人の好みに合うフレーバーを見つけることです」とダット氏は語った。

ダットさんの移動パンは日本のお祭りにも参加し、多くのお客さまを魅了しています。

Datの「移動パン」は日本各地のお祭りに参加し、多くのお客様を魅了しています。 写真: はぁ、やあ

起業する前に、パンとパテに関する知識を学び、向上させるためにベトナムに1年間滞在したと彼は言いました。 また、彼は日本の多くの店舗やレストランで働き、日本、特に彼が定住してキャリアを築いた北海道の各部門のニーズを調査し、ビジネス状況を学びました。

クアンニン省の少年は、パンソースとバーベキュースパイスの適切なレシピを見つけるのに2年かかったと語った。 さらに、彼は特に味噌ソースとゴイクオンソースを組み合わせたベトナム料理と日本料理の大胆な組み合わせのレシピに自信を持っています。

ビジネスのプロセスにおいて、Dat は常にお客様の意見に耳を傾け、吸収します。 ユーザーの好みや利便性に基づいて、スパイスの割合や製品のパッケージを調整しました。

北海道日高郡の行政職員であり、ダットの常連客でもある木下さんは、ダットのように流暢な日本語を話し、日本文化を理解しているベトナム人を北海道で見つけるのは難しいと認めた。

「彼はいつも一生懸命働きます。仕事で忙しいにもかかわらず、浦河に住み、働いている他のベトナム人を助けるためにいつも時間を割いてくれます」と木下さんは語った。

ダットさんが起業する前に働いていたパンパカパンベーカリー(浦河市)の店主、池美彩さんも、彼はとても勤勉な人で、いつも自主的に仕事をしていたと語った。 ダットはどんなリクエストも注意深く聞いて、それを覚えていて、とても上手にこなしてくれます。

「彼がここで働かなくなった後も、みんなと連絡を取り合っていた。私の店の客は皆、ダットのベトナムパンを試すのが好きだ」と彼は語った。

経済のグローバル化を背景に、レ・トゥアン・ダットの事例のように日本政府の支援政策は中小企業にとってプラスとなっている。 同氏は、日本政府は国内企業の発展促進を目的として金融緩和策を実施し、融資金利をわずか1.25%から3%に引き下げたと述べた。

特に一部の地域では、国政府が事業主の事業活動拡大を奨励するための支援策(別名「補用金」)も実施している。

これらの支援プログラムには、日本の地方への投資家の移動を促進することを目的として、再投資、修復、事業拡大、地元ブランドのプロモーションなどが含まれます。

慎重な事業計画と地元製品の使用へのこだわりを通じて、彼はこれらの政策を活用してビジネスを成長させました。 これはダットのビジネス拡大に役立つだけでなく、日本でのベトナム食文化の促進にも役立ちます。

ほぼ 2 年後、Dat の「モバイル」パンの販売はピーク月には好成績を収め、売上は数億ドンに達しました。

現在、彼の店は資本金(約 3 億 8,000 万 VND)を回収し、北海道の冬の食のニーズを満たすために、フォーや鍋の店をオープンするなど事業を拡大する開発段階にあります。

Datの「動くパン」モデルは、国内のフェスティバルにも参加し、多くのお客様を魅了してきました。 幸運なことに、彼は観光の促進と文化の促進を目的とした地元のイベントへの支援と参加の招待を受けることができました。 困難ではあるがチャンスに満ちていると考えられている地方で起業したい人にとっても有利です。

外国で起業する際に多くの浮き沈みを経験したトゥアン・ダットさんは、若い人たちに自分と同じ方向性と情熱を持って料理のビジネスを立ち上げ、仕事に全力を尽くし、文化を学んでほしいと願っています。 違い。 自分自身を成長させ、成長するためのあらゆる機会を活用してください。 「ただお金を稼ぐために日本に来るのではなく、学びに来てください」と8Xの少年は言いました。

ハミ – ディエップ・グエン – ハン・グエン


Yoshioka Tadao

「音楽の専門家。情熱的なベーコン狂信者。読者。食品愛好家。アルコールオタク。ゲーマー。Twitterの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です