ベトナムサッカー界が「村の池」から抜け出すために日本人選手の帰化に関する教訓

日本サッカーも30年前、国内選手が台頭し、今日のような世界クラスに到達することを奨励するために選手を帰化させた。

実際、好むと好まざるにかかわらず、人間の資質はそういうものなので、現在のレベルで成功することはベトナムサッカーにとって悲劇だ。 私たちが持っている人材では、インドネシアとマレーシアとしか競争できません。そして、10年周期ごとに、再び「村の池」を征服できる黄金世代が現れることを願っています。

品質が十分でない場合にただ努力するのではなく、品質が成功の鍵である理由を理解するために中国を見てみましょう。 人口の点では、中国はベトナムの10倍以上大きい。 富の面でも中国は全く異なる状況にある。 彼らは近代的なサッカースタジアムの建設、若いサッカーの才能の発掘と訓練に数十億ドルを投資してきました。 彼らは私財を投じて西側のクラブに選手を派遣し、そこでトレーニングできるようにさえしている。 その後、彼らは資金を投じて数十人の世界的なサッカースターを中国全国選手権に参加させるために誘致しました…

これらすべての巨額の投資にもかかわらず、何十億もの人口を抱えるこの国は、何年にもわたってサッカーのタイトルを一度も獲得できていません。 これが人間の資質の重要性です。

なぜインドネシアはこれほど多くの選手を帰化させているのでしょうか? 国内選手の質には限界があることを知っているため、チームのレベルを上げるためには帰化する必要があるからだ。 日本のようなサッカー先進国でも30年前に選手が帰化して代表選手が台頭した。 結果は 30年が経ち、日本人選手は長い道のりを経て世界レベルに到達したため、もはや選手を帰化させる必要はなくなった。

>> 「ベトナム代表には帰化選手が必要だ」

多くの人は、「帰化は何の成果ももたらさない」という保守的な見解を擁護するために、シンガポールとフィリピンを引き合いに出したがります。 実際、この両国は大陸レベルで競争できるほどの質の高い選手を帰化させたことがない。 しかし、地域の競争の場では、これまでのところ、シンガポールは依然としてベトナムよりも多くのチャンピオンシップを獲得しています。 その中で、優勝の半分以上は帰化政策によって獲得したものである。 そしてもう 1 つの重要な要素は、シンガポールは人口が非常に少ない小さな国であり、国内プレーヤーの供給源が非常に限られているため、長期的には常にプレーヤーが不足することになります。

フィリピンに関しては、十分な選手の供給源がなく、このチームを強くするのに十分な才能のあるコーチを雇っていません。 さらに、サッカーよりもバスケットボールを賞賛する国でもあるため、このスポーツはあまり真剣に受け止められていません。 フィリピン人はサッカーで成功するかどうかをあまり気にしません。これがこのチームが強くならない理由でもあります。

しかし、ベトナムは違います。私たちはサッカーが王様のスポーツであると考えている国です。 これほどサッカーを愛しているのであれば、代表チームの功績は当然尊重されるべきだろう。 したがって、選手の帰化はベトナムサッカーに長期的な利益をもたらすだろう。 帰化選手がいると、代表選手自身も代表チームでの競争プレッシャーが強くなり、それが生き残るために練習や成長を強いられる原動力となる。 そうして初めて、国家俳優の質の向上が期待できるのです。

そうしないと、私たちはデフォルトの場所に立ち止まり、他の国が私たちを追い越し、徐々に私たちを置き去りにするのを眺めるでしょう。

キエト・グエン・トゥアン

>>あなたの意見はどうですか? 割り当て ここ。 この記事は、VnExpress.net の意見と必ずしも一致するものではありません。


Iseri Nori

「熱心な読者。思想家。誇り高い食品の専門家。邪悪なインターネット学者。ベーコンの施術者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です