ベトナムにおける日系小売業の拡大にとって多忙な年

日本の複数の小売店チェーンの店舗合計の大部分は今年新規オープンしており、現場での生産が強化されている。

ベトナムに進出して 4 年になる衣料品小売業者のユニクロは、ホーチミン市、ハノイ、ビンズオンに 22 店舗を展開しています。 同じく設立4年目で、3年前に1号店をオープンしたベトナムの無印良品は、ホーチミン市とハノイに7店舗を展開しており、総面積は14,000平方メートルを超えています。

例年、店舗の 3 分の 1 から半分が今年オープンしました。 このうちユニクロは年初から7店舗、無印良品は3店舗をオープンした。

日本輸入商品の取引を専門とする小売チェーンのサクコも、今年新たに8店舗をオープンし、合計42店舗に達した。創業者のカオ・ティ・ズン氏は、一般市場には課題があるものの、依然として店舗の発展を優先しており、2024年には60店舗に達すると述べた。

小売業者イオンは 11 年以上の実績を持ち、11 億 8,000 万ドル以上を投資して 8 つのショッピング センターを運営しています。 彼らは中部地域での市場シェアの獲得を急いでおり、来年フエに初のショッピングセンターをオープンする予定だ。

5月に広島でファム・ミン・チン首相と会談した際、イオングループの吉田昭夫執行会長は、同社の東南アジア最大の市場にスーパーマーケットやエンターテインメントを中心に約20のショッピングモールを開発すると述べた。

11月にユニクロホアンキエム店で買い物をする客の写真。 供給会社

2023 年は購買力がダイナミックに高まる時期ではありません。 価格上昇要因を差し引いた、消費者への商品やサービスの小売売上高の10か月間の総収益は、2022年の同時期と比較して6.9%の増加にとどまった。 2022年の同時期の増加率は16.7%に達するとみられ、2018年と2019年(流行前)はともに9%以上増加した。

日本の小売業者が事業拡大を望む動機は何でしょうか?

まず、日本の小売業の経営状況は依然として良好である。 2023年度第2四半期(5月から8月)におけるイオンモールベトナムの営業利益は20億円(1,340万米ドル)近くとなり、実績の14億5,000万円と比較して5億円(330万米ドル)以上増加しました(イオンのレポートによると、「需要の低迷と電力不足による経済成長の鈍化」の中で、2022年の同時期には970万ドル)となるという。

カオ・ティ・ズン氏は、今年のビジネス市場はやや暗いものの、サクコは依然として15%の売上成長を維持していると述べた。 ユニクロは具体的な業績を明らかにしなかったが、ユニクロベトナムのゼネラルマネジャー西田英樹氏は、業績は「依然として長期的な発展計画に沿っている」と述べた。 一方、MUJI RETAIL VIETNAMのマネージングディレクター、永岩哲也氏は「着実な成長」と語る。

第二に、日本の小売業者の成功の一部は消費者の受け入れによって説明できます。 税関総局によると、今年最初の10カ月でこの国からの輸入売上高は177億ドル以上に達し、中国と韓国に次いで2位となった。 日本ブランドの製品を海外で加工したものはもちろん。

調査会社Q&Meの分析によると、ベトナム人が好む原産地は「メイド・イン・ジャパン」だという。 若い顧客を対象とした調査では、回答者の 58% が車や電化製品が好きで、22% が日本のファッションに興味を持っています。

「ベトナムと日本の関係の繁栄は、消費者の目から見るブランド評判の向上に役立ちます。特に、ベトナムの人々の日本の品質に対する信頼は常に高いです」と永岩哲也氏は述べた。

第三に、ベトナムは本質的に小売業者にとって長期的な目的地であるということです。 永岩哲也氏は、この市場は経済の急速な成長、人口の多さ、政治の安定など多くの理由で魅力的であると述べた。 「特にベトナム人はとてもオープンで、新しいものを積極的に受け入れます」と彼は強調した。

小売業者はネットワークを拡大するだけでなく、徐々に深く根を張り始めています。、現地生産と供給を開発することによって。 に話す VnExpress 最近、西田英樹氏は、ベトナムはユニクロのアジアにおける主要製造グループに属しており、この市場だけでも製品の50%がベトナム製であると述べた。

無印良品ベトナムの親会社である良品計画グループもベトナムに多くの提携工場を持っています。 ベトナムのこのチェーンでは国産品の割合が約30%を占めています。 たとえば、ベトナムのラバーウッドの場合、生産プロセスに組み込む前に研究とテストにほぼ 2 年を費やします。 永岩哲也氏は、ラバーウッド収集からの収益は家具業界の総収益の20%以上に貢献していると語った。

ダイニングテーブルセットは原材料からベトナムで製造され、東南アジアの無印良品店舗で販売されています。 写真提供:会社提供

ダイニングテーブルセットは原材料からベトナムで製造され、東南アジアの無印良品店舗で販売されています。 写真 供給会社

双日株式会社はこのほど、ベトナム最大の乳原料および乳製品の輸入販売業者であるDai Tan Viet (New Viet Dairy)の買収を完了しました。 双日は 1986 年以来ベトナムで事業を展開しており、一連の製造およびサービス事業を所有しており、コンビニエンス ストア チェーンのミニストップも所有しています。

日本の小売業者は、インプットに加えて、顧客の心の中で自社の存在感を強化する方法も模索しています。 「予測できない市場の変化の中で、私たちはベトナムの人々の生活にどう役立つかをより意識しています」と永岩哲也氏は語ります。

無印良品はコミュニティ マーケットを組織したり、ドライ ナッツ、ドライ フルーツ、コーヒーから調理用スパイスに至るまで地元の農産物を販売したりすることでつながりを生み出します。 食品業界の製品の 40% 以上がベトナムのブランドによるものです。 ホアンキエム店のユニクロ展示スペースでは、ベトナムと日本の文化が融合しています。 また、ベトナム原産のコーヒーを販売するシステム内で唯一の場所でもあります。

作子は最近、自らの立場を変更し、母親と赤ちゃんの業界から化粧品、食品、ファッション、家電製品、文具、ヘルスケアの他の 6 つの分野に拡大することを決定しました。 同部門の代表者は、必須消費財に焦点を当てた製品ポジショニング戦略(Essential Lifestyle Enhancing)であると述べた。

また、日本文化への愛情を活かし、ショッピングスペースも桜の赤色を基調にモダンにリニューアルし、商品の配置も新たに工夫し、より視覚的に楽しんでいただけるよう工夫しました。

BrandMarCom DigiMind Groupのブランドエコシステム戦略ディレクターのTracy Vu氏は、ベトナムにおける日系小売業の魅力は製品の品​​質だけでなく、日本人の文化や精神的価値観にもあると述べた。 「企業はこの要素を利用して、消費者の心の中に独自の活力を持つブランドを構築しています」と彼女は評価しました。

電気通信


Yoshioka Tadao

「音楽の専門家。情熱的なベーコン狂信者。読者。食品愛好家。アルコールオタク。ゲーマー。Twitterの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です