ベトナムと日本企業が6つの協力覚書に署名

全体会議では、レ・ティ・トゥ・ハン外務副大臣とブー・チーマイ在福岡ベトナム総領事のリーダーシップの下、九州地方のベトナムの地方や省が各国の可能性、強み、協力への意欲について発表し、議論した。 彼らの地元。

ベトナム企業、専門職団体、海外のベトナムと日本が協力議定書に署名

参加者らはバクザン省人民委員会副委員長のファン・ザ・トゥアン氏のプレゼンテーションを聞いた。 カマウ省人民委員会副委員長、グエン・ミン・ルアン氏。 ハ・クアン・チュン氏、ディエンビエン省ディエンビエンフー市党委員会書記。 タイグエン省人民委員会副委員長、レ・クアン・ティエン氏。 グエン・タイン・テ氏、ビンロン省党委員会常任副書記。 レ・ヴァン・ヒウ氏、省党委員会常任副書記、ハイズオン省人民評議会議長。 ランソン省外務省次長ハ・レ・フウ氏。

日本側からは、福岡県企業推進部、熊本県国際観光戦略会議、長崎県国際文化観光会議、農水政策審議会の代表が発言した。 政策計画と大分県産業労働観光推進協議会在日ベトナム企業の代表であるGAG日本語学校がフォーラムへの紹介を行いました。

ベトナムと日本企業が6つの協力覚書に署名 - 写真3。

レ・ティ・トゥ・ハン副大臣が本会議の司会を務めた

代表者のプレゼンテーションは、特に人材、保健、教育、観光、農業、林業、漁業、エレクトロニクスにおける技術移転など、双方が補完的な強みを持つ分野において、ベトナムと九州地域の協力の大きな可能性と範囲を強調した。 そして商品の輸出入。

参加者らは、サプライチェーンをベトナムを含む東南アジアおよびその地域に移転するという日本の政策を背景に、これらの可能性が最大限に活用されると確信を表明した。 九州は、新型コロナウイルス感染症のパンデミックからの日本経済回復の絶え間ない原動力を生み出す重要拠点として日本政府によって選ばれた。 同時に、ベトナムはハイテク、バイオテクノロジー、生物技術を優先して農業産業の再構築を推進し、国際基準を満たす高品質の製品を生み出しています。 農業生産に強みを持つ九州との協力は重点分野の一つであり、良好な協力関係を維持している。 潜在的。

レ・ティ・トゥ・ハン副大臣の証言の下、ベトナムの企業、団体、海外ベトナム人と日本は、輸出・流通、農業、食品、木材製品の流通、観光、研修、人間開発の分野における6つの協力覚書に署名した。 資源、社会的企業。

その後、テーマ別のグループディスカッションセッションが行われ、共通の関心を持つ地域、協会、ベトナム企業、日本企業、海外のベトナム商工会が集まり、交流し、協力しました。

同日夜、フォーラムの成功を祝うガラディナープログラムの中で、組織委員会は、10月5日に開催される「日越親善ゴルフトーナメント2023」と障害のある子供たちを支援するための贈り物と寄付の提供についても総括した。福岡で。 州。 10月7日、ベトナムの地元および企業の代表団は九州地域のパートナーとの訪問および協力プログラムを継続した。

ハノイ – 福岡線はこの地域で最もダイナミックです

同じ10月6日、レ・ティ・トゥ・ハン外務副大臣は服部誠太郎福岡県知事と会談し協力した。

次へ (1)

レ・ティ・トゥ・ハン外務副大臣、服部誠太郎福岡県知事と会談

近年、ベトナムと日本の地域全般、特に九州との間の協力と交流が非常に強力に発展しています。 双方の地方は、投資促進、農業、人材育成、エコ産業、環境の分野における友好関係と協力の促進を目的とした多数の文書に署名した。 九州地域との文化協力・人的交流はますます発展しています。

ハノイと福岡を結ぶ直行便は、この地域で最もダイナミックなルートの 1 つです。 2023年3月、九州経済連合会名誉会長の麻生裕氏のベトナム訪問を機に、ハノイにアジア初の九州普及促進センターが発足した。

Ikeda Shichiro

"Web Specialist. Social Media Ninja. Amateur Food Enthusiast. Alcohol Advocate. General Creator. Beer Guru."

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です