ファム・ニャット・ブオン氏の息子がビンファストを代表して日本企業と契約を締結

ビングループ会長のファム・ニャット・ブオン氏の息子であるファム・ナット・クアン・アイン氏がビンファストを代表して、日本の丸紅グループと電気自動車のバッテリーを再利用する協力協定を締結した。

クアン・アン氏は、12月5日に日本の丸紅グループと協力協定を締結した際に、ビンファストの責任者として初めて姿を現した。 彼は現在、VinFast 生産部門の次長を務めています。

合意によると、VinFastと丸紅は、使用済みの電気自動車用バッテリーからのバッテリーエネルギー貯蔵システム(BESS)の研究と生産で協力することになる。 ビンファストは特に電気自動車用のバッテリーを供給し、丸紅は実現可能性評価、技術的アドバイス、BESSの設置を担当する。

両党間の覚書は本日、ベトナム・日本経済フォーラムの枠組みの中で、ファム・ミン・チン首相の立ち会いの下で発表された。

「丸紅との覚書締結は、循環経済を確立するというビンファストの戦略における重要なマイルストーンを示します。 電気自動車バッテリーのライフサイクル価値を最適化することは、スマート電動モビリティを近づけるだけでなく、すべての人にとってグリーンな未来という目標を促進することにもなります」とクアン・アン氏は12月5日の式典署名で述べた。

12月5日の両国間の調印式に出席したファム・ナット・クアン・アイン氏(左)と日本の丸紅グループの幹部ら。 写真: ヴィンファスト

ビングループの経営報告書によると、ファム・ナット・クアン・アイン氏はファム・ニャット・ブオン氏の3人の子供のうちの1人で1993年に生まれた。 2021年、同氏はビンファストの株式資本の0.5%を保有し、その後同社はナスダック上場に向けて所有権を再構築した。

ビングループの今後の従業員向け株式発行(ESOP)の一環として、ファム・ナット・クアン・アイン氏はVIC株15万株を購入し、12月21日に実施される予定だ。 この取引はクアン・アン氏がビングループ株を保有するのは初めてでもある。

ミン・ソン


Yoshioka Tadao

「音楽の専門家。情熱的なベーコン狂信者。読者。食品愛好家。アルコールオタク。ゲーマー。Twitterの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です