アジアの伝説の剣を発見

村正の「血に飢えた」剣

村正(仙郷村正)は有名な日本の鍛冶屋です。 16世紀頃の室町時代に生き、彼の名を冠した武具学校を創設したことで知られています。

室正の刀は品質が際立っており、並外れた切れ味で知られ、軍隊の間で非常に人気があります。

伝説によると、村正の剣は呪われており、血に飢えた使い手が染み込んでいた.

写真:テクインサイダー

その人が塵を鞘の中に長期間放置すると、剣はその所有者に反抗し、より適切な戦士を見つけるためにその人を自殺に追い込むことさえあります.

しかし、これらの剣は、使用者に比類のない優位性を与えるとも言われています.

正宗の刀

多くの専門家は、村正と政宗が同時代であったとよく言いますが、これは歴史的な誤りです。 正宗(五郎入道正宗)は、鎌倉時代末期に活躍した日本史に名高い鍛冶屋の一人です。

言い伝えによると、正宗の刀は所有者に落ち着きを与え、日本の武士から高く評価されています。

正宗は、完全に鋼から武器を作成できることを発見し、強度と汎用性を高めました.

写真:テクインサイダー

彼は不純物を取り除くために高温で金属を溶かしましたが、剣を脆くしたのは高温でした.

この問題を解決するために、正宗は刀が壊れないように柔らかい鋼と硬い鋼を層状に混ぜ合わせました.

正宗の刀は敵の鎧を貫く。 さらに、その重量は馬に乗って使用できるほど軽量です。

七角の剣

[1945年、奈良市の石上神社で七ツさやの太刀(ななつさやのたち)という異形の刀が発見されました。

剣の形状から、戦闘ではなく儀式でのみ使用されたと考えられます。 この剣の起源はまだ不明です。

写真:テクインサイダー

刀身の銘文によると、この刀は晋(中国)の皇帝から百済(韓国)の王へ贈られたものです。

この刀は神功皇后に与えられたという伝説もあります。 興味深いことに、考古学者はこの伝説の信憑性に自信を持っており、寺院と剣自体の両方に言及している一方で、剣の時代と神宮王朝の歴史は完全に一致しています。 .

剣の句

考古学者は、1965 年に中国湖北省の墓の 1 つで剣を発見しました。 約 2,500 年間、刃が錆びなかっただけでなく、鈍くなることさえなかったため、剣は注目に値します。

実質的に空気を通さないステンレス合金の刃と鞘は、アーティファクトを時間で傷つけないようにするという素晴らしい仕事をしました.

写真:テクインサイダー

研究によると、剣の所有者は春秋時代の有名な王である Viet Vuong Cau Tien です。 伝説によると、彼はこの剣を彼の全コレクションの中で唯一有効な武器であると考えており、その美しさは「地球と天の共同の努力によって生み出された」ものでした。

Goujian の剣は現在、中国の湖北省博物館に展示されています。

勝利の剣

この剣は、軍事力と君主の力を具現化した、タイの王室の宝物の 1 つです。 刀の長さは89.8cm、刀身だけで64.5cm、鞘の重さは1.9kg。

伝説によると、1784 年にカンボジアの漁師がトンレサップ湖でこの剣を見つけ、それをアン ヨン王に贈ったところ、アン ヨン王はこの剣をタイのラマ 1 世に贈ることにしました。 .

写真:テクインサイダー

剣がバンコクに届けられるとすぐに、7つの異なる方向から7つの明るい閃光が街を襲った. その後、ラーマ1世は剣をダイヤモンドやその他の宝石で飾った壮大な金の鞘にし、「プラセンカーンチャイシー」と名付けました。

Iseri Nori

「熱心な読者。思想家。誇り高い食品の専門家。邪悪なインターネット学者。ベーコンの施術者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です